光切断による断面測定装置

被写界深度合成 検査イメージ

検査イメージ

項目
寸法検査(三次元物体表面)
処理速度
1秒程度
対象部品
自動車部品、工業部品、樹脂(プラスチック)部品、アルミ部品、金属部品、その他小型部品など

製品概要

直線光を照射し、物体表面の三次元形状測定(高さ・深さ)を行います。
一瞬で測定でき、取り扱いが簡単なので現場での測定確認に最適です。
μm(ミクロン)単位の測定も可能です。

資料をダウンロードする

左図のように平面に直線光を当て、斜め上から撮影するとカメラ画像には直線が映ります。
右図のようにV字型の溝に直線光を当てればV字型が映り、このV字型の曲り具合を計算すれば、溝の形状が三次元的にわかります

【断面が平面の場合】
断面が平面の場合
【断面がV字型の溝がある場合】
断面がV字型の溝がある場合
御社の部品に合わせて特注対応いたします。

自動検査装置

  • オートマーカー
  • 加工直後画像検査装置
  • 被写界深度合成
  • 光切断による断面測定装置
  • レーザー測定装置
  • エアコン室内機欠品自動検査装置
  • 小型部品の寸法・キズ自動検査装置
  • アルミ部品の溝内異物検査
  • スナップリング寸法自動検査
  • 足型測定機・ペドスケール2
  • X線による内部構造検査
  • 部品入出荷管理システム
検査自動化の考え方
外観検査自動化の動向
なぜ画像検査(外観検査・寸法検査)の自動化がうまくいかないのか?
お問い合わせ
ご質問・ご要望等お気軽にお問い合わせください。