外観画像検査では画像処理ソフトが成否のカギを握っています

「製品の外観検査を自動化することは無理だ」とあきらめていませんか?

大量の部品・製品を検査しているご担当者の皆さま、外観検査(目視検査)には時間やコストがかかりますよね。
外観検査・寸法検査を自動化することで省力化することができます。
部品・製品といっても、自動車部品、工業部品、樹脂部品など、種類や形、素材も様々。
企業ごとに抱えている課題もバラバラです。

「自社製品の検査を自動化したいけど、どこに相談をしたらいいかわからない。」
「製品が特殊なので、既成の自動検査装置を導入しても成果が得られないのでは?と懸念している。」
「他の会社に相談をしたけど、無理だと断られた。」

そんなお困りの方はまず、アクティブへ御相談ください。

アクティブは「御社の製品に合わせた、精度の高い画像検査装置」を御提案いたします。

お問い合わせはこちら

御社の製品に合わせて検査装置をカスタマイズ

検査したい部品は企業によって異なります。同じ部品はほぼないといっても過言ではありません。
既製の検査装置では検出できなかった不良品。
アクティブでは御社の部品や製品に合わせて外観検査装置をカスタマイズし、今ある製造ラインへの組み込みも含め、トータルにサポートし、長期的な「不良品流出の防止(品質の向上)」「省力化によるコスト削減」で御社の事業に貢献いたします。

御社の製品に合わせてカスタマイズ

自社製品の検査を自動化したい方へ


御社の抱える課題は何でしょうか?対象ワークは?自社の製品でも検査対象にできるかな?と、気になった方はぜひ検査自動化の考え方ページをご覧ください。
ただ「検査の自動化」といっても、課題や対象ワークによっても大きく異なります。
アクティブは御社の課題に合わせ、検査装置をカスタマイズいたします。
御社の製品に合わせるから、より精度の高い検査ができる
弊社の例にない製品でも、検査を自動化したいものがある方はぜひ一度お問い合わせください。

検査自動化の考え方はこちら →お問い合わせはこちら

自動検査装置(一例)

  • ワーク位置を画像で確認 自動マーキング装置 オートマーカー
  • 不良品を大量生産する前に 加工直後画像検査装置
  • 検査がしにくい「段差のある部品」を深度合成でかんたん画像検査 被写界深度合成
  • 断面の形状の誤差が一瞬でわかる 光切断による断面形状測定装置
  • 内部欠陥はX線ならわかる X線による内部構造検査
  • 部品取付漏れの検査を自動化 エアコン室内機欠品自動検査装置

その他の自動検査装置を見る

主な検査項目

外観検査 キズ、ダコン、かみこみ、汚れ、変色、焼け
寸法検査 内径寸法、外径寸法、寸法公差
キーワード 缶、ビン、ペットボトル、ねじ、スナップリング、マシニング、リング、自動車部品、工業部品、樹脂部品、アルミ部品、その他小型部品、丸棒、中面、円筒、内径、外径、断面、キズ、フィッシュアイ、ピンホール、欠陥、汚れ、異物、レーザー、光切断、カメラ、マーキング、回転検査、段差、被写界深度、溝、欠品・・・

検査自動化の考え方はこちら

よくあるお問い合わせ

「検査対象(材質)が違うからうちの製品は検査できないかな?」

「他社で外観検査装置設定の依頼をしたけど、できないってことわられちゃって・・・。」

「ミクロン単位(寸法公差:±0.01mm)を自動計測できない?」

「現在は外観検査(目視検査)で人海戦術を行っている。特殊な部品(形)なんだけど、自動検査できるかな?」

「大量生産で月20万個作っているので、省力化したい。」

「外観検査しながら寸法検査も一緒にできる?」

まずは一度御相談ください。やってみましょう!!!
お問い合わせはこちら

メディア掲載情報

2015.10.30 工業技術新聞 掲載
2015.10.30 工業技術新聞 掲載
御社の部品に合わせて特注対応いたします。

自動検査装置

  • オートマーカー
  • 加工直後画像検査装置
  • 被写界深度合成
  • 光切断による断面測定装置
  • レーザー測定装置
  • エアコン室内機欠品自動検査装置
  • 小型部品の寸法・キズ自動検査装置
  • アルミ部品の溝内異物検査
  • スナップリング寸法自動検査
  • 足型測定機・ペドスケール2
  • X線による内部構造検査
  • 部品入出荷管理システム
検査自動化の考え方
外観検査自動化の動向
なぜ画像検査(外観検査・寸法検査)の自動化がうまくいかないのか?
お問い合わせ
ご質問・ご要望等お気軽にお問い合わせください。